本文へスキップ

石材業界の発展を考える 富山県石工技能士会

活動報告

第8回 石工まつり  (いしくまつり)


平成28年11月19日(土)20日(日)の二日間「第8回石工まつり」が富山市グランドプラザで開催されました。
石工まつり作品コンクールは富山県内の石材業者から出展される石を使った多彩な作品が多数展示されました。
また、石のフリーマーケット、展示即売会、ものづくり教室、ゲームコーナーなど、来場して頂いた方に石の
魅力に知って頂くものを多数催ししました。
  第8回石工まつり開会セレモニー
19日午前10時より開会セレモニーが行われ、藤田会長挨拶、続いて富山県職業能力開発協会専務理事の柴雅棋様、
富山県技能士会連合会会長の藤倉榮之様より、ご祝辞を頂きまいた。ご来賓様と富山県石工技能士会役員とで、
テープカットをして石工まつりの幕が開けました。
 
石工まつり会場 (グランドプラザ)
 
  ものづくり教室
小中学生を対象として当会のものづくりマイスターが中心となり実技指導を行い、ものづくりの魅力などを発信する
体験教室です。たくさんの方に体験して頂き、ありがとうございました。

      ペンダントトップ作り教室                  サンドブラスト体験教室
 
  石のゲームコーナー
赤字覚悟で行った「輪投げ」「射的」は一番人気で、たくさんの方が挑戦して景品をGETしていました。

         輪投げコーナー                         射 的
 
石のフリーマーケット・即売会
通常の販売価格より2〜5割引!それ以上の割引で販売!購入頂いた皆様、ありがとうございます。
 
おいしい お店
どんどん焼き、石釜ピザのお店とも大繁盛!ありがとうございます!
 
富山の石のひとつ「オニックスマーブル」
1000万年前の火山層で出来た石灰岩。国会議事堂や北陸新幹線の黒部宇奈月駅の内装に使われています。
黒部市宇奈月地域が国内唯一の産地になっています。(下写真)
 
 

石工まつり作品コンクール展
石工技術の向上は普段の研究努力が必要であり、先人の製作による技術の探求を極め後世に伝えることが重要なこと
からコンクールを行い広く一般市民に伝え地域産業と関連企業の発展に寄与するものであります。
今回の作品コンクールは、来場者による投票を基に当会の役員が審査して決めています。
また、投票頂いた来場者様の中から抽選で1名の方に当選商品をお渡ししました。

   
 富山県職業能力開発協会会長賞
「北陸新幹線」
山岡 弘之
 富山県技能士会連合会会長賞
「わん公」
中川 武志
   ニューデザイン賞
「北陸新幹線」  山岡 弘之
アイディア賞
「イッシー」   濱田 佳宏
技術賞
「北陸新幹線」  山岡 弘之
ユニーク賞
「わん公」    中川 武志
 富山県石工技能士会会長賞
「乗れる象」
内生蔵 雄治
主催 富山県石工技能士会 
後援 富山県職業能力開発協会・富山県技能士会連合会
   富山市・北日本新聞社

富山県石工技能士会

〒930-077
富山県富山市磯部町4-3-16