本文へスキップ

石材業界の発展を考える 富山県石工技能士会

技能士skilled worker

技能検定制度

技能検定は、「働く人々の有する一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。
技能検定は技能に対する社会」一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的
として職業能力開発促進法に基づき実施されています。

技能検定

技能検定には現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級が区分しないものがあります。
技能検定合格者には、厚生労働大臣名(特級・1級・単一等級)または都道府県知事名(2級・3級)の合格証書
が交付され技能士とい称することができます。

受験資格・免除資格

原則として検定職種について実務経験が必要です。その期間は学歴や職業訓練歴等により規定されていますが、
平成16年から、この受験資格が大幅に緩和されています。実務経験のみで受験される場合は1級は12年から
7年に2級は3年から2年に3級は1年から6ヶ月に短縮されました。
また、一定の資格や能力を持つ方に
ついては学科試験が免除される場合もあります。

 石張り作業 石積み作業   石材加工作業
     

実技検定試験概要

 石材施工  等級 作 業 内 容  試 験 時 間 
 石張り作業  1級   下地に御影石の幅木、柱板、幕板及び上裏板を張る作業を行う。  4時間
2級  下地に御影石の幅木、柱板を張る作業を行う。  4時間
 石積み作業  1級  雑割間知石を使用して、矢積みを空積みにより施工する。 準硬石の場合 2時間35分 
硬石の場合  3時間45分
2級  雑割間知石を使用して、布積みを空積みにより施工する。 準硬石の場合 2時間20分 
硬石の場合  3時間30分 
 石材加工作業  1級 中硬石又は硬石を使用して浮彫り紋様のある石製品を製作する。
但し磨きは行わない。 
中硬石の場合 4時間
硬石の場合  6時間30分 
2級   中硬石又は硬石を使用して沈み彫り紋様のある石製品を製作する。
但し磨きは行わない。
中硬石の場合 3時間
硬石の場合  4時間30分

技能検定情報

 技能検定試験の受付は、前期技能検定試験は4月、後期技能検定試験は10月です。
詳細については、職業能力開発協会または石工技能士会事務局に、お問い合わせ下さい。
 30年度 検定情報
前期技能検定試験「石張り」6月24日(日)藤田石装(株)にて実施されました。
1級 6名、2級 3名の方が受験しました。合格者は0名でした。
後期技能検定試験「石材加工」申請受付期間10月1日(月)〜10月12日(金)
 29年度 検定情報
前期技能検定試験「石張り」6月18日(日)藤田石装(株)にて実施されました。
1級 6名、2級 4名の方が受験しました。合格者は0名でした。
後期技能検定試験「石材加工」12月24日(日)藤田石装(株)にて実施されした。
1級 4名、2級 1名の方が受験されました。合格者は0名でした。
 技能検定 合格者
 石材施工  年度 一級技能士  二級技能士 
 石張り作業  29年度  0名 0名 
28年度 0名 0名
石積み作業  26年度 7名 0名
 石材加工作業  29年度  0名  0名 
28年度 2名 0名
 各種技能講習会
 技能検定以外にも「小型移動式クレーン」「床上操作式クレーン特別講習」「床上操作式クレーン運転技能講習」「玉掛け技能講習」
「フォークリフト運転技能講習」などの講習案内も行っています。
詳しくは、会員サイトからログインして日程をご確認下さい。

富山県石工技能士会

〒930-077
富山県富山市磯部町4-3-16